| トップページ | サイトマップ | 個人情報保護・著作権について |
22
会 期:2022年2月15日(火)〜18日(金)10:00〜17:00(最終日は16:30まで)
会 場:東京ビッグサイト 東展示棟1〜6ホール (アクセス
主 催:(一社)日本厨房工業会、(一社)日本能率協会
テーマ:「新しい日常を支える ニッポン厨房最前線」

第22回厨房設備機器展は、予定通り、2 月 15日(火)〜18 日(金)に東京ビッグサイトにて開催いたします。

詳細につきましては、公式HPこちらをご確認ください。

一般社団法人日本厨房工業会は、業務用厨房やフードサービス向けの最新機器や、機器の設計・エンジニアリング技術のさらなる普及と向上を図る展示会「厨房設備機器展」を毎年開催しております。「厨房設備機器展」は「国際ホテル・レストランショー」「フード・ケータリングショー」との三展合同で「HCJ」として開催され、レストラン、フードサービスなど 飲食業をはじめ、給食・ケータリング業、中食・惣菜業からホテル・旅館等の宿泊業にいたるまでの業界関係者が集う、日本最大級の専門展示会となっております。

会場では出展企業による製品の展示やデモンストレーションが行われるほか、当工業会も各種企画展示を行うブースの設置や、会員各社より講師を迎えたセミナーの開催などを行っております。

皆様の積極的なご参加を、そして外食・中食、給食など業務用厨房に携わる方々のご来場を宜しくお願い申し上げます。

※東京ビッグサイト東展示棟に会場を戻し開催いたします。
※第22回厨房設備機器展(HCJ2022)への参加は事前登録が必須です。
 招待状をお持ちいただくだけでは入場できませんのでご注意ください。
 事前来場登録は、HCJ2022 WEBサイトからお願いします。

 
 

■(一社)日本厨房工業会主催セミナー

会員企業より講師をお招きして講演を行います。全来場者を対象とした無料のセミナーです。是非お申し込みください。

場   所: 給食・厨房セミナー会場 (展示会場内)
申込方法: 申込みフォームから受け付けております。また、定員に余裕がある場合は、当日受付もいたします。
注意事項: @ 複数名でのご登録はできません。1つのご登録につき、1名様のみ有効となっております。
A 当日の受付は、セミナー開始10分前より開始します。5分前までにお越しいただけない場合、当日聴講希望の方を優先にご案内いたしますので、予めご了承ください。
B 日本厨房工業会主催セミナー申込期限:2022年2月13日(日)まで
C 講演者の都合により、セミナーの中止またはテーマ・講師が変更になる場合があります。

日本厨房工業会主催セミナーの申込みは、HCJ2022 WEBサイトからお願いします。


【セミナー日程】
2月15日(火)
@10:50〜11:30
講演企業: 一般社団法人日本エレクトロヒートセンター
講  師: 電化厨房委員会 インターネット オブキッチン プラットフォーム運営WG 委員 村田 昇
電化厨房委員会 インターネット オブキッチン プラットフォーム運営WG 委員 北川 貴博
演  題: 食品産業のDXを推進するインターネット オブ キッチン プラットフォーム活用ガイド
概  要: 食品衛生法改正に伴うHACCP制度化に対応した厨房機器データのオープンデータベース「インターネット オブ キッチン プラットフォーム」の導入により、複数厨房機器メーカーが混在する厨房施設の一元管理が可能となり、記録業務の負担軽減、施設運営の効率化などが期待されます。講演では、本システムの導入メリット、具体的な活用方法などをご紹介します。

A12:10〜12:50
講演企業: コネクテッドロボティクス株式会社
講  師: 代表取締役 沢登 哲也
演  題: 最新のテクノロジーを用いた、次世代型飲食店の展望
概  要: 最新のテクノロジーをどのように外食産業に応用していくと、より良い飲食店になっていくのか。最新のテクノロジーと既存の厨房機器との連携、飲食店の具体的な課題に対するアプローチ方法や、未来の可能性に関してお伝えします。

2月16日(水)
@10:50〜11:30
講演企業: 株式会社コメットカトウ
講  師: 東京支店 ソリューション営業課 課長 井川 俊正
演  題: サスティナブルを実現するスチコン(コンビオーブン)の活用方法
概  要: 給食・中食業務においてエネルギー・時間・労力・美味しさを無駄にしないスチコン(コンビオーブン)の使い方を講義いたします。またサスティナブルに進化した当社最新のスチームコンベクションオーブンのご紹介もいたします。

A12:10〜12:50
講演企業: タニコー株式会社
講  師: 柏営業所 営業 橋 聖也
演  題: 多様化する厨房のカタチ 〜変わるモノ、変わらないコト〜
概  要: 本セミナーでは、今日までの厨房や飲食を取り巻く状況を基にどのような変化があったのか、また、どのような変化への対応策があるのかをご紹介致します。厨房の形・提供方法等、物理的な変化をする「モノ」の部分、味・品質・安心安全・衛生管理等、常に飲食に求められている「コト」の部分を重点的に見ていきます。

2月17日(木)
@10:50〜11:30
講演企業: フクシマガリレイ株式会社
講  師: MILAB フーズコンサルタント室大阪 課長 豊田 直樹
東京営業六部 営業推進課 熊澤 綾乃
演  題: 『新しい販路獲得!急速冷却&凍結の活用』と『HACCP支援システム』
概  要: 新たな取り組みとして、テイクアウトや冷蔵・冷凍品の販売をおこなう事業者が増加しています。安全で美味しい食品を消費者に届けるための、製造工程での留意点をご説明します。またHACCPの考え方を取り入れた温度・衛生管理のポイントや対応製品についてご紹介致します。どちらもこれから始める方は是非ご聴講下さい。

A12:10〜12:50
講演企業: ニチワ電機株式会社
講  師: 取締役 営業部長 唐澤 直仁
演  題: 人手不足・HACCP制度化・脱炭素で加速する電化厨房
概  要: 「電化厨房」は、時代のニーズに応える形で誕生し、市況や社会情勢の変遷に伴い、その都度発展を遂げてきました。人手不足による生産性の向上、HACCP制度化に対応する為の衛生管理の構築、脱炭素社会を実現させる為の最も効果的な熱源として、改めて電化厨房による効果を共有し、皆様の厨房計画にお役立て頂ければと思います。

2月18日(金)
@10:50〜11:30
講演企業: 株式会社サイゼリヤ
株式会社ハイサーブウエノ
講  師: プロジェクト推進部課長 藤田 宗彦
代表取締役社長 小越 元晴
演  題: サイゼリヤの厨房がフラットになった訳 〜日本の厨房設計革命〜
概  要: 「客席と厨房の段差をなくしたい」と多くの店舗設計者が思う事。サイゼリヤは、この段差を無くす事と店舗レイアウト(客席と厨房位置)の最適化が図れるシステムを5年間の実験検証を経て構築した。「食堂業の産業化」を経営方針に掲げるサイゼリヤがコロナ禍で窮地の飲食業界へ「フラット厨房」のノウハウを初公開する。

A12:10〜12:50
講演企業: 株式会社フジマック
講  師: 設計部 係長 橋 勇貴
演  題: お客様と創る 『より良い厨房』
概  要: フジマックで厨房設計を行う立場として、働きやすい、長持ちする、使いやすい、そんな厨房を目指しています。現場事例や今後の厨房について、業種にこだわらない形で紹介させて頂きます。皆さまにとって、より良い厨房を構えるためのエッセンスとなれば幸いです。

B13:30〜14:10
講演企業: 株式会社マルゼン
講  師: 研究開発センター・部長 石川 智行
演  題: コロナ禍より誕生した新型調理機器。より効率化!より美味しく!を御紹介!
概  要: 昨今のコロナ禍において、食の提供形態や人気メニューにも変化が現れた。また、より一層の効率化、省力化の追求に加え、「より一層美味しくできる」新技術とメニュー開発が調理機器に求められている。スチコンでベーカリー、多品種同時フライ調理、手軽に本格ピッツァ、お芋スイーツなどなど、具体的な最新情報を参加者だけに提案!

C14:50〜15:30
講演企業: 服部工業株式会社
講  師: クックチルセンターセンター長 磯谷 仁美
係長 山元 薫
演  題: 「コロナ禍で攻める!」自動回転釜を活用した新規事業!そして補助金活用例
概  要: コロナに負けず、収益を高める商品の生産・開発、新規事業への展開に活用された回転釜を実例紹介します。新しい商品開発のため、生産性工場のため、人手不足を補うため、様々な目的で導入いただいています。グループの給食センターでは、事業再構築補助金での新規事業を実現し、そのポイントも合わせてご紹介致します。

■一般社団法人日本厨房工業会ブース(予定)
@「厨房設備士資格認定試験」
当工業会で実施している資格認定試験について、パネルにてご案内いたします。
A「日本厨房工業会活動紹介」
当工業会の組織図や会員の分布をパネルにてご案内いたします。
B「厨房女子会活動紹介」
今年度開催しました、厨房女子会の様子をパネルにてご案内いたします。
C「会員コンシェルジュ」
当工業会会員企業の紹介を希望されるお客様がいらっしゃいましたら、工業会職員が当該企業のブースまでご案内いたします。お気軽にご相談ください。
D「日本厨房工業会・入会説明コーナー」
当工業会に入会を考えている方に、ご案内・ご説明いたします。
E「火災注意喚起」
火災注意喚起を、パンフレット配布にてご案内いたします。
F「行政による補助金等の解説コーナー」
行政からの補助金等の解説を、パンフレット配布にてご案内を予定しています。
G「HACCPコーナー」
会員企業のHACCP関連のパンフレット配布を予定しています。
その他、書籍の頒布なども行います。ぜひお立ち寄りくださいませ。


お問い合わせは
一般社団法人日本厨房工業会
TEL:03-3585-7251 FAX:03-3585-0170
HCJ三展合同事務局
一般社団法人日本能率協会
産業振興センター内
TEL: 03-6809-2707
E-mail: helpdesk@k3c.co.jp
 ページのトップへ戻る