| トップページ | サイトマップ | 個人情報保護・著作権について |

2022年度 厨房設備通信教育

【 第43回受講者募集要項 】

一般社団法人 日本厨房工業会 通信教育委員会

新入社員の方、「厨房設備士」の資格取得を目指す方、「厨房設備士」は取得済だが業務用厨房に関する知識・技能の向上を再度図りたい方、などの幅広いニーズを満たす内容となっておりますので、奮って受講いただけますようお願いします。


1.目的 業務用厨房の関連業務に従事する者の基礎的識能や専門技術とその応用能力向上を図り、もって厨房業界の発展に寄与することを目的とする。
2.受講資格
  1. 厨房設備通信教育コース
    業務用厨房の関連業務に従事する者。
3.受験科目
  1. 2022年4月から2023年1月までの10回のレポート提出。
  2. スクーリング(2日間日帰り)は必修とする。
    ただし、設計実務経験者は2日目(試験)のみ参加でも可。
  3. 提出期日を経過したレポートは減点とする。
4.科目表
レポート回数 科目 実施月
第1回 業務用厨房と厨房機器(1) 4月
第2回 業務用厨房と厨房機器(2) 5月
第3回 関連設備(1) 6月
第4回 関連設備(2) 7月
第5回 業務用厨房設計・厨房設備施工と関連知識(1)
機器作図 @
8月
第6回 作図課題(1)
厨房作図 @
9月
第7回 業務用厨房設計・厨房設備施工と関連知識(2) 10月
第8回 作図課題(2)
厨房作図 A
11月
第9回 衛生と保守管理 12月
第10回 関係法規 1月
スクーリング 筆記試験
2月
厨房設計実技
第5・6回、第7・8回、第9・10回レポート問題は同時に発送する。
スクーリングの内容:2月に各会場にて行う、講習会(1日目)と試験(2日目)。
5.スクーリング会場 東京・名古屋・大阪・福岡に実施会場を設定する。
(参加者が定員に満たなかった場合は最寄り会場での受講となる。)
6.修了特典
  1. 修了評価基準を満たした者に対し修了証書を授与する。
    2級厨房設備士の受験資格について実務経験(3年以上)が1/2に短縮される。
  2. 全課程において優秀な成績により修了した者については、2級厨房設備士資格認定試験が免除される。 ただし、レポート提出が期日より遅れた者は除く。
7.募集定員 厨房設備通信教育コース 合計200名
8.受付期間 2022年 1月7日(金) 〜 2月10日(木)まで(厳守)
9.受講申込み
  1. 工業会ホームページの記入フォームに記入のうえ、送信すること。
    送信後、すぐに登録したメールアドレスに受付完了メールが届くので、メール受信設定を確認すること。
    ※受付は終了いたしました。
  2. WEB申込のみとする。企業一括申込希望の場合は、別途事務局まで連絡すること。
10.受講料
  1. 工業会会員企業の従業者。
    55,000円(内、消費税 5,000円)
  2. 上記以外の者。  
    71,500円(内、消費税 6,500円)
    (いずれも納入後の受講料は原則として返戻は行なわない。)
11.受講料の請求支払込 受講申込者には同委員会において資格審査の後、本人又は、担当者へ請求書を送付する。
請求書が2月21日を過ぎても届かない場合は、事務局まで連絡をすること。
請求を受けた者は2022年3月10日(木)までに下記口座へ振込むものとする。
12.振込先 三井住友銀行 三田通支店(623) 普通 7143043
一般社団法人 日本厨房工業会
振込期日(3/10)厳守 (振込手数料は各自負担)
13.受講承認証 上記手続きが完了した者には、受講承認証、テキスト、レポート問題等を3月下旬に随時送付する。
4月 5日(火)を過ぎても送付物が届かない場合は、事務局まで連絡をすること。
14.個人情報 申請に際し、ご記入していただく情報は、本会の厨房設備通信教育事業の他、各種ご案内等をお送りする場合に使用いたします。
15.その他 受講申込事項等に関する不明の点は事務局にお問い合わせください。
一般社団法人 日本厨房工業会
〒106-0044 東京都港区東麻布1-27-8 厨房機器会館
TEL 03-3585-7251  FAX 03-3585-0170  通信教育担当

 ページのトップへ戻る